スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

火鍋。。。

2009/05/13 19:25

天津に来て、もっとも食べたかったのが火鍋!!

日本にいた時に教えてもらって食べたのが赤と白のスープ。
赤い方は辛くて八角の香りがぷんぷんする。
白い方は味はやさしく、食べやすい落ち着く味。
それを交互に味わうのが何とも美味しく、やめられない。

私達はそれが中国の本場で食べられたらさぞかし美味しい事だろうと
楽しみにしていました。

そして、ご近所にある火鍋屋さんに・・・・。
”義利徳火鍋城”
っというお店。いつも人がいっぱいで地元ではかなり人気があるみたい。
旦那さんは私が行く前、いつもここの前を通り、横目で見ながら
一度入りたい!!って思っていたらしい。。。。
でも、一人で火鍋屋にはなかなか入れず、行ける日を待ちに待っていたと言っておりました!

っで、いざ火鍋屋に!!

すると、私達が思っていた火鍋とはちょっと違った。

blog3 001s

ここの火鍋は中国風しゃぶしゃぶでした。
初めにどろっどろのごまだれのようなつけだれと香菜が出てきて、
鍋に入れる野菜(キャベツと春雨、八角、トマト、ねぎ)が出てきます。

あとはお好みでお肉や野菜を注文。
私達は牛肉、きくらげ、エビ、それとなんといってもこの辺では羊肉。

んん???ん!結構いけます!
お肉をしゃぶ、しゃぶ。 エビは殻ごと鍋でじっくり火を通し。
どちらかというと牛肉はちょっと硬くてあんまり・・・・
その代り、羊肉はすごく柔らかくてこっちの方が断然おいしい!!

”次回は牛肉はなしで、羊肉だけにしよう!!”
っと二人の意見が一致。

そして、二回目は羊肉だけにしました??。
(この美味しさにはまり、週一ペース。)

blog3 002s

今回は羊肉とエビ、お豆腐にしました。
そしてお決まり。
ぬる?い、常温ビールと白酒。

blog3 004s

エビは殻をむく為、とっても手が汚れます。
そこでこの店ではこれが用意されてるんです?!

blog3 006s

お店のロゴ入り、特製ティッシュ。
しかも有料。 一箱2元です。(30円)

中国に来たことで私達の知らない新たな火鍋を味わえて
またまた、新しい発見が出来ました。




このお店、ほんといつも混んでるんですよね?。
平日でも店内はいっぱいで、すっごい賑わいです。
でも、やっぱりお鍋は人数が多い方がいいですよね?。
今度私達と羊肉しゃぶしゃぶして下さる方、募集中で?す!!





スポンサーサイト

未分類  | コメント : 5  | トラックバック : 0 |

コメント

美味しい羊肉が食べられるお店なんですね~!!
私は、天津に来てからまだ火鍋デビューしていないんです。。
是非今度ご一緒させて下さい☆

| 2009/05/14 |  10:52 | アソシア #- |  URL | 編集 |

お鍋羊の方が美味しいですね☆
ポン酢持ち込みたくなります。
今度一緒に行きましょう♪
北京では白と赤の鍋しか見たことないんですが、天津ではこの鍋しか見たことないです(>_<)
白赤も食べたいんですが、どこか美味しいところないのかなぁ

| 2009/05/14 |  15:54 | キャラメル! #- |  URL | 編集 |

アソシア様へ

ここの羊肉は冷凍じゃないみたいで一応”鮮羊肉”がうりらしいです。
是非、是非、今度ご一緒して下さい!(^O^)


キャラメル!様へ

そうなんです。ポン酢ほしいですよね!
味が一種類なんでちょっと飽きてきますね。
私達も白と赤の火鍋、食べたいんです。
確か、以前にまるこさんのブログに登場してたと思うんですけど
白と赤の火鍋。
どこだったんでしょ~?
あと、主人が一軒、南楼にあるのをインターネットで調べてました。

| 2009/05/14 |  21:03 | あま栗 #AwQmkMD2 |  URL | 編集 |

一緒に行きます!これから暑くなりますがそれでもよければ是非是非連れて行ってください!!羊肉、本当は苦手なんですけど・・・でも美味しいのなら食べてみたいかも^^

| 2009/05/14 |  21:46 | ☆ゆげ☆ #- |  URL | 編集 |

☆ゆげ☆様へ

是非、是非、お願いします。
こちらの人達は夏の暑い時も火鍋食べるんですか?
羊肉、苦手なんですね。
ここのはどうなんでしょう?大丈夫だといいですけど・・・

| 2009/05/15 |  19:31 | あま栗 #AwQmkMD2 |  URL | 編集 |

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。